スギの花粉が飛ぶ季節に、まだ小さなお子さんが体温はいつも通りなのにくしゃみを連発したりサラサラした水っ洟が止まらないような時は、もしかすると『スギ花粉症』の可能性があります。
世間では水虫といえば足を想像し、ことさら足の裏や指の間に発症する病気だと捉えられていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけに留まらないので、体のどこにでも感染してしまうという危険性があるのです。
暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、精神的なストレス、高齢化などの多様な因子が揃うと、インスリンの分泌量が低下したり、機能が衰えたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。
日光に当たると生成されるV.D.は、Caが人体に吸収されるのを促進する特長で広く知られており、血液中の濃度を操って、筋繊維の動き方を適切に操作したり、骨を作ったりしてくれます。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を含んでいる血液や精液の他、女性の腟分泌液、母乳といった様々な体液が、看病する人等の粘膜や傷口などに接触すると、感染するリスクが高くなります。
ミュージックライブの開催される場所や踊るための広場などに設けられているすごく大きなスピーカーのすぐ近くで大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなってしまうことを「急性音響外傷」と言うことをご存知でしょうか?
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、身体の中の脂肪が占有している比重で、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(kg)÷体重(weight、キロ)×100」という数式で算出されます。
ハーバード医科大学(HMS)の研究によれば、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上はデカフェコーヒーに変えることで、驚くことに直腸ガン罹患リスクを5割も減らせたそうだ。
緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩こりや首の凝り、張りが因子の患者数が多い慢性頭痛で、「ギューっと締め付けられるような激しい痛さ」「ドーンと重苦しいような痛さ」と言われています。
スマホ使用時の強くて青っぽい光を軽減させる効果のあるレンズの付いた専用メガネがすごく人気を博している理由は、疲れ目の対策法に多くの方々が努めているからだと考えられます。
鍼灸針を体に刺す、という物的な程よい幾多の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスという名の謂わば電気信号伝達を誘発するのではないかと言われています。
食事という行為は、次に食べたいと思った物をなんとなく口に入れたら何度か咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、その後体は実にまめに動き異物を体に取り入れる努力を続ける。
臓器である前立腺は生育や働きに雄性ホルモンが密接に関連していて、前立腺の癌も同様に、アンドロゲン(男性ホルモン)の働きを受けて成長してしまいます。
脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを防御し、器官の覚醒などを司っており、大うつ病(単極性気分障害)の患者さんはその動きが鈍くなってることが判明しているのだ。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通、体を癌から保護する働きをする物質を分泌するための金型のような遺伝子が異常をきたすことで起こってしまう病気だと考えられています。